旅行中の運転は安全運転を心掛けましょう!

沖縄自動車道を走るときには・・・

車両点検を忘れずに!

故障トラブルが原因の交通事故が多発しています。故障の大半が基本的な点検で防げるものです。特に走行中は燃料計にも気を配り、早めの給油を行いましょう。

車線区分を守って走行を

追い越し以外の時は走行車線を走りましょう。追い越しは必ず追い越し車線を使い、追い越し後は十分な車間距離を確かめてから速やかに走行車線に戻りましょう。また、路肩がふさがっていると救急活動の妨げとなります。路肩の走行は絶対にやめましょう。

事故・故障などのトラブルの際は・・・

110番、非常電話、道路緊急ダイヤル(#9910)などで事故や故障状況を通報してください。非常電話は、約1kmおきに設置されています。受話器をあげるだけでNEXCO西日本の道路管制センターにつながります。

沖縄自動車道は駐停車禁止!

高速道路上は、道路交通法により駐停車禁止です。事故・故障などのやむを得ない場合のほかは、高速道路上で駐車や停車をしてはいけません。休憩や、携帯電話のご使用の際は、サービスエリア、パーキングをご利用ください。

快適ドライブは情報のキャッチから

IC入口・本線上の情報板やハイウェイラジオを通じて、渋滞や交通事故などの道路状況を提供しています。的確な情報のキャッチで、事故防止・快適走行に努めてください。《携帯・スマートフォンからでも交通情報》アイハイウェイ http://ihighway.jp/

車間距離を十分に取る

沖縄自動車道は最高速度80kmです。80m以上の車間距離をとりましょう。また、路面が雨に濡れていたり、タイヤがすり減っている場合には、この約2倍程度の車間距離が必要とされています。天候、路面やタイヤの状態、荷物の重さなどを考慮して、前の車との車間距離を十分にとりましょう。

沖縄自動車道は最高速度80kmです。
ETCレーンに入る前にご自身のカードが入っているかきちっと確認!

それでも事故にあったらどうすればいいの?

事故発生、直ちに下記事項を行ってください。あわてずに以下の措置をしましょう。

  1. (1)路上での危険防止
  2. (2)負傷者の救護⇒119番
  3. (3)警察への報告⇒110番
  4. (4)レンタカー営業所への連絡

(注:1)警察への届出がない場合は、保険適用が受けられませんので必ず届けてください。(注:2)当事者間では、絶対に示談しないでください。

ドライバーだけでなく、同乗者も協力して事故のない快適な旅行を楽しみましょう。